FC2ブログ
  • 11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 01
I thought to...
thouの日常、思ったこと(「I thought to...」)を、日々「愛そう、と」。
CATEGORY : お芝居/演劇
ご冥福をお祈りいたします。
DATE : 2010-07-13-Tue  Trackback 0  Comment 1
つかこうへいさんが、お亡くなりになられたと
今朝5時台のニュースで知りました。

好きな本を読んでいる内に
いつのまにか眠ってしまったらしく、
付けっぱなしになっていたテレビから
そのニュースが流れたとき
うたた寝に近かった
私の意識は、

一瞬にして覚醒しました。


「つかさんが、亡くなった…」


そう聞こえた自分の耳を疑い、
光り続けるテレビのチャンネルをぐるぐる回し
そして
事実だ、



受け止めたのでした。

ですが、未だに信じることができません…
つづきを表示
スポンサーサイト



page top
右近さんのイベント、とっても楽しかった!!!
観に行って本当に良かったです。

トークと歌と、タップダンス。。。

どれも他にはない緊密さで
味わうことができます。
というか右近さん、めっちゃ近いです(笑)
近すぎです。
私、あんな至近距離でタップ見るの初めて~!

興味がある皆様…
ぜひ次回、ご一緒しましょう!
本当に楽しくて、元気になれますから!
ぜひ!
つづきを表示
page top
CATEGORY : お芝居/演劇
コースト・オブ・ユートピア
DATE : 2009-09-13-Sun  Trackback 0  Comment 0
本日、観劇!








…だったんですが、急遽、仕事に変更になってしまいました。。。
(現在職場におります。)

ずっと脚本に興味があって観に行きたかったお芝居で
A席で24,000円(!)という高額チケットだったし、
1日通しで観たら、開演が昼12時で終演が22時という驚異的な長さって
そこらの演劇じゃまずありえないし(脚本だけで600P近くあるらしい…)
阿部寛だし、
トニー賞受賞作の日本版だし、
なおかつ、
自分の誕生日プレゼントとして思い切って買ったとあって
すっごくすっごく楽しみにしていのたですが

やむを得ませんでした。

今は、この鞄の中のチケットはただの紙切れです。


ああ無念。
誕生日プレゼントが紙切れに………(号泣)
つづきを表示
page top
今週、勇んでチケット予約したお芝居

芝居舎~然~「すみれの庭」

を観るまでは、
全部大きなハコで上演された、
比較的大きな舞台ばかり選んだように観ていたなぁと
あらためて手帳を見て、感じました。

今年最初は、2月末のTEAM NACSで、
次は舘形さんの「カスパー」(あ、これはちょっと小さめでしたね)。
それから同じく舘形さんの「ROKUJO」と続いて、
さらには今村ねずみさんの「キサラギ」
(ねずみさんの外部公演を観るのは、「蜘蛛女のキス」以来!)…

やっぱり、大きめなハコのお芝居ばっかり
しかも大好きな俳優さんがご出演された芝居ばかり
集中して観劇したなぁと思います。
幸せなラインアップですね~。

つづきを表示
page top
CATEGORY : お芝居/演劇
下馬二五七さん、ご冥福をお祈りいたします。
DATE : 2009-04-13-Mon  Trackback 0  Comment 0
下馬さんの芝居を観る機会が持てたことは、
私の観劇人生の中でも
大きな出来事でした。

お身体はとても小柄でありながら、
その圧倒的な存在感と
演技とは思えない自然だけれど、どこか不自然な
形容しがたい魅力。

一度観て、また観たいと思わせる、何か。

そんな惹きつける力を持った
とても、一言では表せない…希有な俳優さんだと思います。


「ホワイト・レビュー」が、下馬さんの演技に触れた
初めての芝居でした。
狭いホールを、子どものように動き回ったかと思うと
急に老け込んだりもする。
明るい表情かと思えば、恐ろしく見えたりもする。
回りの俳優さんと一緒になって
無邪気にはしゃぐ様子など
本当にお芝居が好きなのだなぁと
こちらまで幸せになるような…

二度目は、「皿洗い稼業」。
二度目にして最後になってしまったのですが…
この中で演じられた
病魔に取り憑かれながら、
自分の働く居場所に最後までこだわった姿、
小さな背中が…

今回の訃報と重なって…




俳優という職業に、最後まで全力でぶつかっていたんじゃないかと
本当に人生をかけて、挑んでいたんじゃないかと…
勝手ながら思い、
若すぎる、惜しい人をまた亡くしたと
思いました。


二五七さんで思い出すのは、
小さなそのお身体と、声音と、その無邪気な笑顔です。

たった2度しか観られなかったのは
私の出不精のせいなのですが
もっともっと、観たかったと思う、俳優さんでした。

2度拝見できただけでも実は幸せなのだと
思える日はきっといつか来るでしょう

でも、今はただ惜しませてください

もっと、お会いしたかったです。



下馬さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
page top
Copyright © 2005 I thought to.... all rights reserved.